若ハゲは治療できます|時間をかけて頭皮のサイクルを整えよう

男性

薄毛治療の費用と副作用

髪の毛

クリニックの治療は高額

若ハゲを気にしている人は全国的に多いと言われており、専門的な治療をしたいと考えたときにはクリニックに通う方法があります。クリニックでは厚生労働省の認可を受けている医薬品として、プロペシアやミノキシジルの処方を受けることが可能です。プロペシアには薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑える成分が含まれていますし、ミノキシジルには血行促進の作用があるために、若ハゲの治療に有効です。クリニックで処方される医薬品の注意点としては、健康保険が適用されないために自己負担による治療となる点を知っておく必要があります。プロペシアであれば1か月にかかる費用が1万円以上はかかり、効果が実感できるようになるまでは、半年ほどの期間が必要ですので、それだけの費用がかかることを把握して治療をするか決めることが重要です。

複数の対策法を併用できる

クリニックで処方されるプロペシアとミノキシジルについては、効果が得られることは立証されています。医薬品の場合には一定の割合で副作用が生じる可能性もあるために、特に若ハゲの人が服用するときには注意しておくことが大切です。プロペシアの副作用の一種として、勃起不全や精力減退の症状があり、また女性の場合には服用が認められていません。若い人にとっては精力が減退してしまうことは大きな問題ともなりますので、医薬品だけではなく、育毛剤や育毛サプリメントを併用することがおすすめです。ミノキシジルが配合されている育毛剤は市販されているために、薬局やドラッグストアでも購入できます。市販されている育毛剤と併用させることで、体への負担を軽減させながら若ハゲ対策を行えるようになります。