若ハゲは治療できます|時間をかけて頭皮のサイクルを整えよう

男性

薄毛と生活習慣の関係

櫛と育毛剤

若い世代の薄毛の特徴

薄毛といえば中高年の悩みというイメージがありますが、10代や20代のうちから薄毛の症状が現れることを若ハゲといいます。一般的には年齢を重ねることで血液の循環が低下してきて、頭皮に十分な栄養素が届けられなくなることで薄毛を発症しやすくなりますが、若ハゲの場合には原因は老化ではなく、遺伝的なものやストレス過多によって引き起こされると考えられます。若ハゲの特徴としては、頭頂部や生え際が後退していく種類の薄毛と、特定の場所とは関係なくあらゆるところが薄くなってしまうものがあります。頭頂部や生え際から薄くなっていくものは、遺伝的な要因として男性ホルモンによる薄毛であると考えられ、場所に関係なくあらゆる部分が薄くなっていくものは、仕事や圧力によるプレッシャーや人間関係の乱れなどによってストレスが溜まったことで、毛細血管が収縮してしまって頭皮まで血液が届かなくなることが薄毛の原因になると言えます。

生活習慣を整えよう

若ハゲの原因はストレス過多による場合もありますが、根本的には血液の循環が悪くなっていることが挙げられますので、頭皮の環境を良くする食生活や生活習慣を整えること、血行を促進させる作用のある成分が配合されている育毛剤などを使用することが良い改善法となります。不規則な生活を過ごしていると疲れが取れにくくなることで、頭皮に悪い影響を与えてしまって薄毛が進行することが考えられます。若い世代の人にとっては、無理な食生活を送っていたり、睡眠不足に陥ることが多くなります。しかし頭皮の成長ホルモンは夜10時から2時ごろが最も活発に分泌される時間帯となりますので、しっかりと睡眠を取っておくことは若ハゲの進行を食い止めるために重要です。