>トピックス>英語のスキルを上げたい人必見!貿易事務でスキルを上げよう

英語のスキルを上げたい人必見!貿易事務でスキルを上げよう

地球

貿易事務の仕事内容は、外から見ている人達が考えているよりも遥かに多岐にわたります。海外の顧客との間で、商談を進めて商品を動かしその代金を回収していくわけですから、受発注業務だけではなく、物流や保険関係の手配も含まれますし、銀行との連絡も必要になります。しかもその全てにおいて英語で対応することが必要です。海外の顧客とのメールのやり取りは勿論ですが、国内の物流会社や保険会社から上がってくる書類も英語で作成されています。更に、日本の銀行が発行する決済書類も全て英語で作られてきます。商品やお金と一緒に、全ての書類が海外と国内を行き来するわけですから、日本語で作成するわけにはいきません。貿易事務の仕事を始めて暫くすると、自分が今使っている言葉は英語なのかそれとも日本語なのかという意識はなくなってしまいます。

貿易事務の仕事を重ねていくことで、様々な仕事の知識や能力を身に着けることが出来ます。通関書類も作れるようになるでしょうし、銀行でLCを発行する手続きも覚えられます。しかし、一番手に入れることが出来る能力は英語力でしょう。しかもこれは、一般の学校で学べるようなものとは違います。仕事で使える英語、つまりはお金を稼げる英語の能力なのです。例えば、米国人でも、普通は、貿易事務で使用する書類を作成すことは出来ません。それどころか、その書類を理解することすら難しいでしょう。貿易事務をしながら身についていく英語とは、米国人でも仕事の為に学校などで特別に学ばなくてはならないものなのです。ただ自分を消耗してしまうばかりの仕事ではなく、価値の高い能力を身に着けることが出来る仕事に就きたいですね。

物流