>クチコミ>貿易事務になるためには努力も必要!英語力以外にも目を向けよう

貿易事務になるためには努力も必要!英語力以外にも目を向けよう

マップ

レビュー一覧

英語はもちろん事務処理能力もあげましたね

女子高生や女子大生時代に英語をよく学んでいましたし、海外への留学や旅行を経験していたので、30代になってからキャリアを変えることにしました。新たに選んだのは貿易事務です。この仕事を選んだのは得意な英語を活かせること、使用できることが最大の理由です。当時は英語さえできれば貿易事務の採用試験に合格できると考えていました。ところが、現実は厳しく事務の経験がなかったので残念ながら採用されなかったです。そこで、事務に必要な能力を身に付けるために派遣で働いて経験し、その後改めて貿易事務の求人に応募した結果、採用となりました。このような結果を出せたのは英語に加えて派遣で事務処理能力を上げられたことがポイントになったと考えています。
[30代/女性]

責任感を持って働くことを忘れないようにしています

海外の文化を好んでおり、触れるために毎年旅行に訪れています。50代になってからは昔のように厳しい日程を組めなくはなっていますが、それでも十分に楽しめています。仕事は貿易事務なので、日頃からよく英語を使用しているので最近は海外旅行をする際に言葉が通じず、苦労するという経験は少なくなっています。貿易事務の仕事を実施する際は、責任感を忘れないように働くようにしています。英語を使用することがほとんどなので、時々真意をしっかりと読み取れないことはありますが、曖昧なままで仕事をしてしまうとミスに繋がるため、そこは理解できるまで質問するようにしています。このスタイルで評判は良いので、今後も責任感を持ちながら働いていきます。
[50代/男性]